メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工広島、三菱自動車倉敷が第1代表決定戦に 都市対抗中国2次

【JFE西日本-三菱重工広島】七回裏三菱重工広島1死満塁、この回2度目の打席で、佐々木が左前適時打を放つ=東広島市の東広島アクアスタジアムで、2020年10月3日午後0時34分、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は3日、東広島市の東広島アクアスタジアムで決勝トーナメント1回戦2試合を行い、三菱重工広島と三菱自動車倉敷オーシャンズが4日の第1代表決定戦に駒を進めた。

 今季限りで再編される三菱重工広島は、前回本大会8強のJFE西日本から七回に7点を奪い、10―2で勝利した。三菱自動車倉敷オーシャンズは新人右腕・広畑敦也がJR西日本を無四球完封し、2―0で破った。

【JR西日本-三菱自動車倉敷オーシャンズ】無四球完封して喜ぶ三菱自動車倉敷オーシャンズの広畑(中央)=東広島市の東広島アクアスタジアムで、2020年10月3日午後4時14分、安田光高撮影

 敗れたJFE西日本とJR西日本は、4日の敗者復活1回戦で対戦する。

 三菱重工広島・町田公二郎監督 (7点を奪った)七回は良い形でつないでくれた。(3試合無安打だった田中が七回に適時打)大事なところで打ってくれた。みんなを勇気づけた。本間は試合を作ってくれた。

 JFE西日本・山下敬之監督 津山は4、5回と考えていたのでよく投げた。七回は若さ、もろさが出た。絶対に抑えないといけないと思って冷静さが欠けていた。若い選手がここから本当の強さが出せるかどうか。

 三菱自動車倉敷オーシャンズ・首藤章太監督 広畑は文句の付けようがない投球。ピンチでギアを上げて球の質が上がった。(適時打なしで2点)これがうちの泥臭い戦い方。適時打が出ないのに慣れてきた。体力がないのでこの勢いでいきたい。

 JR西日本・花本輝雄監督 10安打したが、攻撃が少しつながらなかった。動いたこと(二盗)がはまらなかった。いい当たりが捕られ、流れを引き寄せられなかった。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事