メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱重工広島、中国第1代表に 三菱自動車倉敷を八回コールド 都市対抗2次

【三菱自動車倉敷オーシャンズ-三菱重工広島】八回裏三菱重工広島2死満塁、佐々木の右前2点適時打でコールド勝ちし、本大会出場を決めて喜ぶ三菱重工広島の選手たち=2020年10月4日午後4時29分、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は4日、東広島市の東広島アクアスタジアムで第1代表決定戦があり、今季限りで再編される三菱重工広島(広島市)が10―0で三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)を八回コールドで降し、3年ぶり17回目の本大会出場を決めた。

 三菱重工業は来季から三菱重工広島、三菱パワー、三菱重工名古屋、三菱重工神戸・高砂を再編し、2チームとなるが、三菱重工広島が唯一、2次予選を突破した。

 敗れた三菱自動車倉敷オーシャンズは、敗者復活1回戦でJFE西日本に快勝したJR西日本と、5日の第2代表決定戦で残り1枠を懸けて対戦する。

 三菱重工広島・町田公二郎監督 この予選で一番良かった。立ち上がりを抑えて、先制、中押し、ダメ押し。理想的な形だった。(完封の)鮫島は経験値がある。非常にいい投球をしてくれた。

 三菱自動車倉敷オーシャンズ・首藤章太監督 立ち上がりに失点し、我々のペースに持ち込めなかった。(先発の)矢部は疲労が取りきれず、悪いところが全部出た。出し切ったので次に切り替えたい。

 JR西日本・花本輝雄監督 この予選で初めて先制できてペースがつかめた。(2番に起用した)田中は三つのバントを一度で決めてつなぎの役割をし、3点二塁打も打ってこれ以上ない仕事をした。

 JFE西日本・山下敬之監督 紙一重だが、勝負どころで弱さが出た。吉川は中盤までと考えていたので展開通りだったが、中川が打たれた。去年は河野がいたが、中川はまだエースではないということ。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事