メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三菱自動車倉敷が16年ぶり本大会へ JR西日本との延長戦制す 都市対抗中国2次

【三菱自動車倉敷オーシャンズ-JR西日本】16年ぶり8回目の本大会出場を決め、喜ぶ三菱自動車倉敷オーシャンズの選手たち=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月5日午後2時54分、安田光高撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の中国2次予選は最終日の5日、東広島市の東広島アクアスタジアムで第2代表決定戦があり、三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)がJR西日本(広島市)を延長十一回の末に9―5で破り、16年ぶり8回目の本大会出場を決めた。

 中国の代表は三菱重工広島と三菱自動車倉敷オーシャンズとなった。

 三菱自動車倉敷オーシャンズ・首藤章太監督 広畑はだんだん良くなった。ギアが入っていた。裏の守りなので延長は気持ちが萎えてもおかしくないが、すごい精神力。(勝ち越し打を放った)沖はハートがすごく良い選手。遅くまでスイングしていたその成果が出た。

 JR西日本・花本輝雄監督 今までやってきたことをやって結果がこうなった。(十回の送りバント失敗など)つなぐところでうまくいかず、得点できなかったところは指導力不足。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事