メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災10年を前に故郷・福島へ 「1000倍返し」誓う元銀行マン 都市対抗東北2次

故郷の福島から代表切符獲得を目指す富士通アイソテッククの中島周作=福島市の県営あづま球場で2020年10月6日午後2時53分、高橋秀明撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東北2次予選が6日、福島市で開幕し、県営あづま球場で行われた1回戦で、地元の富士通アイソテッククはJR盛岡に1―2で惜敗して第2代表決定トーナメントに回った。

 東日本大震災から来春で10年。福島県勢として26年ぶりの本大会出場を狙う、2016年全日本クラブ選手権4強の富士通アイソテックク(伊達市)は九回に1点を返したが、惜敗した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う実戦不足が響いた形。きらやか銀行(山形市)から移籍1年目の元銀行マン、中島周作は「練習できずに調整不足だった」と悔しさをにじませた。

 福島市出身。聖光学院高から仙台大を経て、きらやか銀行でプレーしたが、18年シーズン限りで「戦力外」となった。本大…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文640文字)

高橋秀明

毎日新聞東京本社運動部編集委員。1968年、東京都生まれ。1991年入社。京都支局、鳥取支局を経て、大阪、東京運動部で野球、大相撲、柔道、レスリング、ニューヨーク支局で大リーグを担当。アテネ、トリノ、北京の五輪3大会を現地取材した。2018年4月からパラリンピック報道に携わる。最近の趣味は畑いじり。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  4. 近大生一気飲み死亡、学生など9人を略式起訴へ 刑事責任問うのは異例

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです