メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都市対抗に「アロハ」 ハナマウイが初代表切符 お年寄り思いの選手たち

【YBC柏-ハナマウイ】本大会初出場を決め、喜び合うハナマウイの選手たち=埼玉県営大宮公園野球場で2020年10月7日、北山夏帆撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の南関東2次予選は7日、埼玉県営大宮公園野球場で第3代表決定戦があり、ハナマウイ(千葉県富里市)がYBC柏に8―0で快勝し、大会初参戦で本大会出場を決める快挙を成し遂げた。

 先発の平野暖周(あつひろ)が、最後の打者から渾身(こんしん)のストレートで見逃し三振を奪った。勝利の瞬間、選手たちが笑顔でベンチから飛び出し、グラウンドに歓喜の輪ができた。プロ野球・オリックスなどで活躍した本西厚博監督は、大喜びする選手を横目に「泣きそう……なんてね。こっちが緊張しました」と目尻を下げた。

 東京都内でデイ…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1035文字)

浅妻博之

毎日新聞東京本社運動部。1982年、新潟市生まれ。スポーツ紙で校閲業務をして、2007年入社。山形支局、東京運動部、大阪運動部を経て、18年10月から東京運動部でテニス、バスケット、カヌーなどを担当。リオデジャネイロ五輪も現地取材して、テニス取材も全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の4大大会を制覇した。高麗人参エキスを毎朝飲んで、健康維持を目指す。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 十三人の刺客

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  4. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです