メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回都市対抗野球

シンバネットワークアーマンズ 沖縄の新風、雨で強く 創部9カ月、九州2次予選へ

ロッカールームでミーティングするシンバネットワークアーマンズベースボールクラブの選手たち=3月(チーム提供)

 沖縄に創部9カ月で躍進する社会人野球のクラブチームがある。「シンバネットワークアーマンズベースボールクラブ」。2020年1月に発足したばかりだが、10日に宮崎県で開幕の都市対抗大会九州2次予選に進出した。できたてほやほやのチームが躍進した理由の一つは「雨」だった。

 総合物流や広告などを手がける企業グループ「シンバネットワーク」の総合物流会社「あんしん」の社員が野球部のメンバー。運送ドライバーなどをして働きながらプレーする。同社のある沖縄県浦添市に拠点を置く。

 沖縄県は全国に比べて有効求人倍率が低く、完全失業率が高い傾向にある。創部の狙いについて照屋勝士部長(54)は「野球を通じた雇用創出や人材育成で、地域貢献していきたい。野球熱の高い沖縄で高校、大学の選手たちの受け皿となるチームを目指す」と説明する。チーム名の「アーマン」は沖縄の方言で「ヤドカリ」の意味だ。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです