メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ自東日本がコールド勝ち 七十七銀も零封勝ち 都市対抗東北2次

5番手として登板して1回を無失点に抑えたトヨタ自動車東日本の快速右腕・鷹羽信貴=2020年10月9日、高橋秀明撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東北2次予選は9日、福島市の信夫ケ丘球場などで第2代表決定トーナメント1回戦が行われ、2年ぶり2回目の代表切符を目指すトヨタ自動車東日本は福島硬友クに18―1で七回コールド勝ちした。3年連続14回目の出場がかかる七十七銀行は富士通アイソテッククに5―0で零封勝ち。オールいわきクはゴールデンリバースに3―1で逆転勝ちし、JR盛岡は水沢駒形倶を4―2で降した。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事