メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本製鉄大分などが勝利 都市対抗2次予選、九州でも開幕

社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の九州2次予選は10日、宮崎市のアイビースタジアムなどで開幕した。第1代表決定トーナメント1回戦が行われ、苅田ビクトリーズが5―3で九州三菱自動車を破った。24年ぶりに企業登録に戻した日本製鉄大分は、今大会を最後に独立リーグのプロ球団に変わる熊本ゴールデンラークスに6―4で逆転勝ち。沖データコンピュータ教育学院は7―1でシンバネットワークアーマンズクを降し、鹿児島ドリームウェーブは5―2で九州総合スポーツカレッジに勝った。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事