メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本ゴールンデンラークス、鹿児島ドリームウェーブなど2回戦に 都市対抗・九州2次

【熊本ゴールデンラークス-沖縄電力】八回から登板し、最速152キロの直球を軸に2回を無失点に抑えた熊本ゴールデンラークスの石森=宮崎市のアイビースタジアムで2020年10月12日午後0時39分、吉見裕都撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の九州2次予選は12日、宮崎市のアイビースタジアムなどで第2代表決定トーナメント1回戦4試合が行われ、熊本ゴールンデンラークスが沖縄電力に4―2で競り勝ち、鹿児島ドリームウェーブは延長十二回、7―6で九州三菱自動車にサヨナラ勝ちした。シンバネットワークアーマンズクは日本製鉄大分を4―3で振り切り、苅田ビクトリーズは九州総合スポーツカレッジに3―0で零封勝ちした。敗れたチームはこの時点での敗退が決まり、沖縄電力や九州三菱自動車が姿を消した。

あわせて読みたい

広告
第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事