メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回都市対抗野球

2次予選 九州 西部ガス、第2代表 努力の右腕、敢「投」賞

【宮崎梅田学園-西部ガス】1失点の好投を見せた高椋

 (2次予選・16日)

 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)だ。九回途中1失点の好投で本大会出場に導き、九州地区予選の敢闘賞に選ばれた西部ガスの先発、高椋(たかむく)俊平。ビデオ係ばかり務めていた自分を脳裏に焼き付けながら、24歳の右腕は努力を重ねてきた。

 一回から飛ばした。宮崎梅田学園の1番・古山の3球目に自己最速の150キロを計測。球威のある直球を軸に四回まで無安打に抑えた。五回、先頭打者に二塁打を許すが「大胆に攻めた」。好調な自分を信じてストライクを投げ込む。後続3人をあっさり打ち取り、六回の味方の3得点につなげた。完投は逃したが「力を出せた」と笑顔で汗を拭った。…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです