メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今こそ、野球だ 第91回都市対抗野球

コロナとの闘い 11月22日から東京ドーム

コロナとの闘い

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は11月22日、東京ドームで開幕する。今夏開催予定だった東京五輪のため、従来の夏から秋に大会日程をずらした上、新型コロナウイルスの影響も大きく受けた。前例のないシーズンとなった2020年の社会人野球を振り返るとともに、大会の歴史をひもといた。

 20年の社会人野球は新型コロナウイルスの感染拡大に大きく翻弄(ほんろう)された。3大大会のうち日本選手権と全日本クラブ選手権の2大会が中止になり、JABA大会などの公式戦も中止に追い込まれた。コロナ禍で経済活動が冷え込んだ影響で、活動休止や都市対抗への参加辞退を選択するチームも現れた。感染防止の対応に追われ、不安を抱えながらも選手たちは懸命に白球を追いかけている。

 そんな逆境を耐え抜き、都市対抗出場を勝ち取ったチームもある。名古屋市の「ジェイプロジェクト」。09年に屈指の激戦地・東海地区に参入した新興チームだ。居酒屋やバーなど飲食店を展開するジェイグループホールディングス(HD)の新田治郎代表(54)が、観戦した都市対抗予選で応援団の盛り上がりに感動し、立ち上げた。選手は午前から昼過ぎにかけて練習し、夕方からは各店舗で店員として働く。恵まれた環境ではないが…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです