メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

三菱自動車 岡崎と倉敷「気迫のプレーで地域に元気を」 都市対抗野球

三菱自動車の加藤隆雄・最高経営責任者=同社提供

加藤隆雄・最高経営責任者(58)

 12回目の出場の三菱自動車岡崎に加え、三菱自動車倉敷オーシャンズが16年ぶりに本大会に出場する。主力工場がある岡崎製作所(愛知県岡崎市)、水島製作所(岡山県倉敷市)を拠点とするチームだ。「2チームの気迫あふれるプレーで、明るい話題を届けてほしい」と期待する。

 岡崎は昨年も都市対抗を経験し、総合力が高いチーム。倉敷は平均年齢24歳と若いが「野球にひたむきに取り組み、『仕事と野球の両立』という社会人野球の原点を示しており、見る人を応援したくなる雰囲気にさせるチーム」という。

 製造拠点の見直しなど構造改革を進めており、経営は変革期にあるが、「企業チームが地域に元気をお返しできる良い機会。精いっぱいのプレーを見せてほしい」と話す。東京ドームには足を運び応援するつもりだ。(岡崎市、倉敷市)【松岡大地】

    ◇

 11月22日に東京ドームで開幕する第91回都市対抗野球大会。出場チームの企業トップにスポーツに対する思いを聞きます。

あわせて読みたい

広告

11月25日の試合

都市対抗グッズ・DVD発売中! 第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事