メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回都市対抗野球

本大会向け壮行試合 日立、日鉄鹿島 攻守で底上げ /茨城

【日本製鉄鹿島-日立製作所】八回表日本製鉄鹿島2死満塁、浜村の右中間二塁打で一塁走者・池間も本塁を突いたがタッチアウト(捕手・渡辺)=茨城県日立市会瀬町の日立製作所野球場で2020年10月30日、田内隆弘撮影

 11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会に出場する北関東第1代表の日立製作所(日立市)と同第2代表の日本製鉄鹿島(鹿嶋市)が30日、日立市会瀬町の日立製作所野球場で壮行試合を兼ねたオープン戦を行い、日立製作所が16―2で日本製鉄鹿島を降した。

 本大会に向けて攻守両面での底上げを目指す両チームはスバルからの補強選手や若手も積極的に起用した。

 日立製作所は三回、江藤のソロ本塁打を皮切りに、打者14人8安打の猛攻で一挙10得点。その後も四回に森下、六回には吉田がソロを放つなど着実に加点した。日本製鉄鹿島は投手陣が振るわず、攻撃も八回2死満塁から浜村の適時二塁打で2点を返すのが精いっぱいだった。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです