メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感 32代表の横顔

富里市・ハナマウイ/大阪市・日本生命

【YBC柏-ハナマウイ】五回裏ハナマウイ2死一塁、林が右越えに2点本塁打を放つ=埼玉県営大宮公園野球場で2020年10月7日、北山夏帆撮影

創部2年で快挙 富里市 ハナマウイ(南関東第3) 初出場

 20代前半の選手が中心の若いチームが勢いに乗り、創部2年目、初参戦にして初出場の快挙を成し遂げた。

 打の立役者は5番の林だ。南関東2次予選では、日本製鉄かずさマジックとの第2代表決定トーナメント1回戦で先制2ランを放つなど計2本塁打。チーム13得点のうち半分近い6打点を稼いだ。投手陣の柱は平野、尾形の両右腕。ともに変化球の制球力を生かして試合を作る。

 東京都内でデイサービス施設を運営する「ハナマウイ」が母体のクラブチーム。今春に有望な大卒選手を加え戦力を整えた。指揮を執るのはプロ野球・オリックスなどで活躍した本西監督。「どこまで成長できるかが試される」と飛躍を期待する。【浅妻博之】

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです