メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感 32代表の横顔

東京都・JR東日本/豊田市・トヨタ自動車

力投する東京都・JR東日本の伊藤=西夏生撮影

高い投手力武器 東京都 JR東日本(東京第1) 11年連続23回目

 高い投手力を武器に、激戦の首都で第1代表の座を勝ち取った。特に光ったのは、10月のドラフト会議で阪神から2位指名を受けた左腕・伊藤だ。

 最速146キロに、カットボール、チェンジアップなど変化球も多彩。NTT東日本との第1代表決定戦では九回1死まで無安打投球し、1安打完封。「エースとして投げ、本大会出場権を獲得できて良かった」と喜んだ。

 続くのが、140キロ台中盤のキレある直球が武器の右腕・西田だ。高卒4年目でドラフト候補だったが無念の指名漏れ。悔しさを東京ドームでぶつけたい。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです