メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感 32代表の横顔

東京都・セガサミー/鈴鹿市・ホンダ鈴鹿

チームの軸となるセガサミーの指名打者・沢良木=西夏生撮影

強力打線が武器 東京都 セガサミー(東京第3) 2年ぶり11回目

 破壊力のある強力打線だ。東京2次予選では初戦で1試合5本塁打の固め打ちを見せた。打線の軸となるのが、初戦2打席連続アーチの本間、入社時から中軸を担う根岸、勝負強さでチームトップと並ぶ4打点を稼いだ沢良木の3人。新人ながら身長187センチの大型遊撃手、中川の強打にも期待したい。

 投手陣では、最速152キロの本格派右腕・森井が2次予選で公式戦初完封を果たし、大黒柱に成長した。さらに第3代表決定戦で7回を無失点、9奪三振と好投した右腕・草海も控える。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです