メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

優勝回数最多のENEOS 「社会が停滞している時こそ企業スポーツの力必要」 都市対抗野球

ENEOSの大田勝幸社長=同社提供

大田勝幸社長(62)

 本大会は5年ぶりだが、前身の日本石油時代を含め50回目の出場。優勝回数は11回と最多で、今年は記録更新を狙う。

 コロナ禍で主要な大会が中止され対外試合も自粛を余儀なくされたが、「社会、経済が停滞している時だからこそ、社内外の絆を強め、地域に貢献する企業スポーツの力が必要」と考える。

 都市対抗と日本選手権で計4度優勝に導いた大久保秀昭監督が再び指揮をとる。「常勝チームを作る上で、若い選手を育成する力のある人物として適任」との評価通り、「予選から若手が活躍し、ベテランと融合したバランスの良いチームに育っている」。初戦を制すれば史上初の大会通算100勝となる。「一戦必勝でひとつひとつ勝利を積み上げたい。野球部の活躍で、グループの一体感がより強まることを期待する」(横浜市)【藤渕志…

この記事は有料記事です。

残り74文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです