メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

2年連続41回目のヤマハ 野球できる状況に選手たちは感謝 都市対抗

ヤマハの中田卓也社長=浜松市中区中沢町で2020年11月4日午後4時25分、太田圭介撮影

中田卓也社長(62)

 優勝3回の古豪も今年の予選は苦戦。東海地区の第3代表決定戦を制し、2年連続41回目の出場を決めた。ネット中継で勝利の瞬間を見届け、「開き直りが良かった」と胸をなで下ろす。

 コロナ禍で実戦形式の練習メニューを十分こなせなかった。その代わり、「各部員が基本動作を繰り返し、技術を底上げできた」と胸を張る。

 感染防止策でテレワークを導入したことで、社員同士が社内で顔を合わせる機会が激減した。だからこそ「一体感を確認できる企業スポーツで社員の絆を深めたい」と強調する。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです