メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝、4年連続11回目

王者・JFE東の強力打線に三菱自倉敷の新人エースが挑戦 都市対抗・第1日見どころ

社会人野球の最高峰「都市対抗野球大会」

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)が22日、東京ドームで開幕する。第1日の1回戦2試合の見どころを紹介する。

 ○…1回戦…○

 ▽第1試合(14時)

JFE東日本(千葉市)―三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)

 昨年覇者の千葉市が地力で勝る。若獅子賞を獲得した今川、峯本と、4番に座る平山快の3人が中軸に入る強力打線は、今大会も全国屈指だ。投げては、昨年の橋戸賞を獲得した元DeNAの須田が好調。不安があった右肘に昨年、クリーニング手術を施した効果で、さらに球威が増した。16年ぶり出場の倉敷市は、新人ながらエースを務める広畑(帝京大)の出来がカギ。持ち味の制球力を駆使して、接戦に持ち込みたい。

 ▽第2試合(18時)

トヨタ自動車(豊田市)―セガサミー(東京都)

 前回大会準優勝の豊田市が投打ともに充実している。今季のドラフトで広島から1位指名を受けたエース栗林は150キロ超の直球に加え、変化球の制球も良く今大会ナンバーワン右腕とも言える存在だ。打線も昨季の社会人ベストナイン、最多本塁打、最多打点に輝いた沓掛を中心に破壊力がある。東京都は2次予選6試合で3本塁打を放った本間を筆頭にチーム計7本塁打と長打力がある。元広島の西田新監督の采配にも注目だ。

決勝まで全試合ライブ中継

 毎日新聞では公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/live/)で決勝までの全試合をライブ中継している。

あわせて読みたい

広告

11月25日の試合

都市対抗グッズ・DVD発売中! 第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事