メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

16年ぶり出場の三菱自動車倉敷が開幕戦制す 前回優勝JFE東降す 都市対抗野球

【千葉市(JFE東日本)-倉敷市(三菱自動車倉敷オーシャンズ)】前回大会王者に完投勝利し、笑顔でガッツポーズをする倉敷市の先発・広畑=東京ドームで2020年11月22日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第1日の22日、1回戦2試合。第1試合は16年ぶり出場の三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)が前回優勝のJFE東日本(千葉市)を3-1で降し、開幕ゲームを制した。

 三菱自動車倉敷は一回、先頭竹井の中前打などで2死二、三塁の好機をつかむと、5番・田村が左前に適時打を放ち2点を先制した。二回には9番・沖、2番平山の2本の二塁打で1点を追加した。

 JFE東は四回、2死一、二塁で8番・猪田が右前に適時打を放ち、1点を返したが、その後は打線が抑えられた。

決勝まで全試合ライブ中継

 毎日新聞では公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/live/)で決勝までの全試合をライブ中継している。

あわせて読みたい

広告

12月2日の試合

第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事