メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セガサミー、零封リレーでトヨタ撃破 北阪の一発守り切る 都市対抗

【東京都(セガサミー)-豊田市(トヨタ自動車)】東京都の先発・草海=東京ドームで2020年11月22日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会は22日、東京ドームで開幕し、1回戦2試合が行われた。第2試合では2年ぶり11回目出場の東京都・セガサミーが昨年準優勝で6年連続22回目出場の豊田市・トヨタ自動車に2―0で勝ち、2回戦に進んだ。これに先立つ開幕戦では、倉敷市・三菱自動車倉敷オーシャンズが前年覇者の千葉市・JFE東日本を3―1で破った。

 東京都が3投手の継投で零封勝ちした。草海が140キロ前後の直球とスライダーなどで打たせて取り、六回途中無失点と好投。救援陣も危なげなかった。打線は二回に北阪が先制2ランを放った。豊田市は右腕・栗林が7回を投げて13奪三振も一発に泣いた。打線も4安打と沈黙し、送りバント失敗や走塁ミスなど拙攻だった。

東京都・西田真二監督

【東京都(セガサミー)-豊田市(トヨタ自動車)】二回表東京都1死一塁、北阪が右越え2点本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月22日、平川義之撮影

 先発の草海がしっかり試合を作ってくれた。北阪の本塁打には驚いたが、相手の甘い球を逃さずに打っていた。

 独特の雰囲気があるのか、開幕試合で前年のチャンピオンが負けたことで、うちにも何かあるかなとは思っていた。(補強選手が入り、2次予選から打順を下げた)北阪から打線がつながればと思っていたが、公式戦で本塁打を打つとは、やってくれた。その2点を守り切ったのが大きかった。予定通り、三宮、陶久の継投で投手陣がしっかり抑え、須田のリードも良かった。

豊田市・藤原航平監督

 一番大事な初戦の入りの部分で相手の方が上だった。草海選手の先発も予想していたが、うまくストライクゾーンに投げられた。

 相手の継投にも、うまくやられてしまった。(盤石の戦いぶりだった予選は)うまくいきすぎただけ。先発の栗林は相手に対応されていたけれど、ボールは悪くなかったと思う。私の力不足だ。(コロナ禍で練習時間を制限し)野球ができるありがたみ、職場への感謝、企業スポーツの意義を選手たちはよく感じていた。練習でもそういう部分が見えて、たくましく感じた。

決勝まで全試合ライブ中継

 毎日新聞では公式サイト(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/live/)で決勝までの全試合をライブ中継している。

あわせて読みたい

広告

11月24日の試合

都市対抗グッズ・DVD発売中! 第45回社会人野球日本選手権DVD注文受付中

話題の記事