メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後の都市対抗で悔やむ失投 広島ドラ1のトヨタ栗林「勝てる投手になる」

【東京都(セガサミー)-豊田市(トヨタ自動車)】二回表東京都1死一塁、北阪に右越え2点本塁打を浴び、汗を拭う豊田市の先発・栗林=東京ドームで2020年11月22日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会が22日、東京ドームで開幕し、前回大会準優勝の豊田市・トヨタ自動車は0―2で東京都・セガサミーに敗れ、1回戦で敗退した。

 「勝てる投手になる」。入社当時から掲げてきた目標だ。しかし、一発に泣き、チームを勝利に導けなかった。前回大会決勝でも1点リードの二回に逆転2ランを浴びて敗戦。「成長できていないというのか……」と唇をかんだ。

 二回1死一塁で東京都の8番・北阪を迎えた。2球目。「まだ1ボールだから」と、外角ギリギリの厳しいコースに投げるつもりだった。だが、力んだ直球が内角高めに甘く入り、…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです