メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回都市対抗野球

初戦へ高まる一体感 三菱重工広島、25日に日鉄鹿島と 最終調整続く /広島

 22日開幕した第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)。3年ぶり17回目の出場の三菱重工広島(広島市)は18日に東京入りし、25日の日本製鉄鹿島(茨城県鹿嶋市)との1回戦に向けて最終調整を続けている。青木拓巳主将(28)は電話取材に「チームの一体感がさらに高まり、良い準備ができている。初戦が楽しみ」と答えた。

 三菱重工の系列チーム再編に伴い、「広島」として戦うのは今大会が最後。創部75年目の伝統と第50回大会(1979年)初出場初優勝の実績にふさわしい成績を残そうと、結束はより高まっている。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです