メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

【横浜市(ENEOS)-名古屋市(東邦ガス)】一回表横浜市1死、川口が右越え本塁打を放つ=東京ドームで2020年11月23日、手塚耕一郎撮影

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会は第2日の23日、1回戦3試合があり、第3試合は歴代最多11回の優勝を誇る横浜市・ENEOSが4年連続出場の名古屋市・東邦ガスに6―0で零封勝ちし、史上初の大会通算100勝を達成した。

 投打がかみ合った横浜市が完勝した。一回、川口の右越え本塁打で1点を先取。五回は2死から川端の左越え二塁打で加点し、八回も2死から小豆沢が2点二塁打を放った。投げては五回から3番手で登板した左腕・藤井がロングリリーフでしのいだ。名古屋市は相手を上回る安打を放ち、得点圏に度々走者を進めたが好守などに阻まれた。

 横浜市・大久保秀昭監督 選手たちには「『全集中』して足元を見つめて試合に臨もう」と話した。(通算100勝に)とりあえずほっとしている。打線だけでなく、(八回に二飛を好捕した小豆沢など)守備でもビッグプレーが出て、選手たちは一球への執念も見せていた。(5年ぶりの本大会出場で)初めて東京ドームを経験する選手もいたが、打線もバランス良く機能していた。先発の柏原が期待に応えてしっかり自分の仕事をしてくれ…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです