メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水戸に社会人野球チーム「茨城日産」 名門の系譜、ドーム目標 監督、コーチに日産OB /茨城

茨城日産の硬式野球部発足記者会見に臨む(左から)渡辺等監督、加藤敏彦社長、加藤啓進会長、鈴木雅道・硬式野球部設立準備室部長=水戸市で2020年11月23日、田内隆弘撮影

胸に「NISSAN」

 県内に新たな社会人野球チーム「茨城日産」が誕生する。監督に就任する渡辺等氏(56)は23日、水戸市内で記者会見し「日立製作所、日本製鉄鹿島の壁は厚いが、一年でも早く東京ドーム出場を」と都市対抗の本大会出場を誓った。

 茨城日産グループは新車・中古車の販売のほか、福祉事業なども手がける。2021年は創業75年の節目に当たり、グループの中核企業「茨城日産自動車」(水戸市)の加藤敏彦社長(55)は「地域社会に満足してもらい、約1900人の社員を盛り上げたい」と、何かできないか検討していたという。

 折しも売り手市場が続き、優秀な人材確保が課題となっていた。昨年、やはり社会人野球チームを持つ同業の九州三菱自動車(福岡市)を視察したところ、選手は野球に打ち込みつつ仕事をこなし、営業マンとして高い成績を収めていた。「選手は厳しい練習に耐え、礼儀を身につけている人が多い」と野球部創設を決断した。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです