メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱気帯びた投手戦 日本製紙石巻・塚本を突き動かした地元愛 都市対抗

【石巻市(日本製紙石巻)-福岡市(西部ガス)】力投する石巻市の先発・塚本=東京ドームで2020年11月24日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第3日の24日、1回戦が行われ、石巻市・日本製紙石巻(東北第2代表)は第3試合で福岡市・西部ガス(九州第2代表)に1―3で逆転負けした。先発の塚本は七回途中まで投げ3失点。六回まで相手打線を3安打無失点に抑える好投を見せていたが、七回に突如連打を浴びた。

 一回、先頭打者に甘く入った球を左中間への二塁打とされたが、すぐに修正。左腕からの切れのある直球にチェンジアップやスライダーなど多彩な変化球を駆使し、点を取られる気配すら感じさせなかった。相手先発の村田と息詰まるような熱い投手戦を繰り広げ、見守った観客から何度も拍手が送られた。

 宮城県出身で、利府高では2009年春のセンバツに21世紀枠で出場し、エースとして4強入りを果たした。…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文782文字)

円谷美晶

毎日新聞東京本社運動部。1985年、東京都生まれ。2009年入社。北海道報道部、千葉支局を経て、東京社会部では気象庁や東京都庁を取材。18年から東京運動部で五輪取材班となり、体操、トライアスロンなどを担当。高校までの部活動は陸上で中・長距離の選手。いつも皇居周りを走っていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです