メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「野球が話のネタ」の銀行マン 完封勝ち四国銀行・菊池の脱力投法 都市対抗

【富里市(ハナマウイ)-高知市(四国銀行)】九回表に力投する完封勝利した高知市の菊池=東京ドームで2020年11月26日、西本勝撮影

 第91回都市対抗野球大会は第5日の26日、1回戦3試合が行われ、高知市・四国銀行は富里市・ハナマウイに1―0で零封勝ちし、2007年以来となる白星を飾った。

 スピードガンの最速表示には、背を向ける。高知市の銀行マン、菊池が自分に課しているおきてだ。力任せにならず、淡々と丁寧に。ルーキーイヤーに味わった屈辱の記憶が、菊池を生まれ変わらせた。

 1―0とリードして迎えた九回2死一、二塁のピンチ。カウントは3ボール2ストライク。長打が出れば一気に逆転される。最速151キロを誇る右腕が選択したボールは、チェンジアップ。131キロ。きっちりと低めに落ちた。泳がされた富里市の6番・道上のバットが、空を切った。

 第87回大会(16年)。…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです