メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

苦い記憶を消すために 明治安田生命から補強のセガサミー・三宮舜 都市対抗

【倉敷市(三菱自動車倉敷オーシャンズ)-東京都(セガサミー)】東京都の2番手で登板した三宮=東京ドームで2020年11月27日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会は第6日の27日、東京ドームで2回戦があり、東京都・セガサミー(東京第3代表)が倉敷市・三菱自動車倉敷オーシャンズ(中国第2代表)を4―2で降した。2番手で登板した東京都の三宮は、東京ドームのマウンドでの悪夢を消し去ろうと懸命の投球で勝利に貢献した。

 4点リードで迎えた五回、相手に1点を返され、なお1死三塁で頼みの左腕はマウンドに送られた。立ち上がりこそ左中間への適時二塁打で2点差とされ、さらに死球と乱れたが、その後は立ち直った。直球とチェンジアップのコンビネーションで封じ込め、反撃を食い止めた。

 補強選手として加わった27歳は、東京ドームのマウンドに忘れられない思い出がある…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文721文字)

円谷美晶

毎日新聞東京本社運動部。1985年、東京都生まれ。2009年入社。北海道報道部、千葉支局を経て、東京社会部では気象庁や東京都庁を取材。18年から東京運動部で五輪取材班となり、体操、トライアスロンなどを担当。高校までの部活動は陸上で中・長距離の選手。いつも皇居周りを走っていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです