メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

精巧な歯車狂わせたエースの責任 ホンダ鈴鹿の先発・井村 悔しさ糧に 都市対抗

【大阪市(NTT西日本)-鈴鹿市(ホンダ鈴鹿)】力投する鈴鹿市の先発・井村=東京ドームで2020年11月28日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第7日の28日、東京ドームで2回戦があり、鈴鹿市・ホンダ鈴鹿(東海第2代表)は3―7で大阪市・NTT西日本(近畿第1代表)に敗れ、8強入りはならなかった。

 東海2次予選では3戦3勝。昨季までの主戦・滝中のプロ野球・楽天入りで、丸井監督が掲げた「エース争い」に名乗りを上げた鈴鹿市の2年目右腕・井村だったが、東京ドームでは2戦とも先発で力を出し切れず、「悔しさばかりだった」と唇をかんだ。

 大阪市の強力打線を一、二回は3人ずつで片付けた。上々の立ち上がりに味方打線も応え、2点の援護をもらった。1回戦の大阪市・日本生命戦では、七回につかまり降板しただけに「絶対抑えなくては」。…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです