メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダが延長逆転サヨナラ ENEOSとのタイブレーク制し8強進出 都市対抗

【横浜市(ENEOS)-狭山市(ホンダ)】延長タイブレーク十回裏狭山市1死満塁、井上が左前へ適時二塁打を放ち、二塁からサヨナラのホームを踏み喜ぶ吉田(手前)=東京ドームで2020年11月28日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会は第7日の28日、2回戦3試合。第2試合はホンダ(狭山市)がENEOS(横浜市)を延長タイブレークの末に3―2で破り、8強進出を決めた。

 ENEOSの先発は、プロ野球・楽天からドラフト3位で指名された左腕の藤井。ホンダは、大黒柱の3年目左腕・東野が先発。

 ENEOSは一回、1死無塁から4連続安打。2死一、二塁で5番・山崎が適時打を放ち、幸先良く先制した。

 五回までわずか1安打に抑えられていたホンダは六回、安打と犠打で1死二塁とすると、3番・井上が左翼線へ適時二塁打を放ち、同点に追いついた。ENEOS先発の藤井はこの回途中で降板した。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです