メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「一球の怖さ」に沈黙の主砲 ENEOS柏木 生え抜きの意地見せられず

【横浜市(ENEOS)-狭山市(ホンダ)】八回表横浜市1死一塁、併殺打に倒れた柏木=東京ドームで2020年11月28日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会第7日の28日、第2試合で横浜市・ENEOSは延長十回タイブレークの末に、狭山市・ホンダに2―3でサヨナラ負けした。6番に入った柏木は、4打数無安打と結果を残せなかった。

 12安打でわずかに2得点。つながりを欠いた横浜市打線の中でも、無安打に終わった主砲はとりわけ苦しんでいた。「相手バッテリーが一枚うわて。一球の怖さが身にしみた」と悔やんだ。

 痛恨だったのが一回、5番・山崎の中前適時打で先制した直後の2死一、三塁。変化球を多投する先発の技巧派投手を前に、「変化球を打つ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです