メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「波に乗れた」西部ガス、芽生えた自信 村田1失点完投 鷺宮製作所に競り勝つ 都市対抗

【福岡市(西部ガス)-東京都(鷺宮製作所)】七回表福岡市2死二塁、田場が勝ち越しの適時二塁打を放つ=東京ドームで2020年11月28日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会は第7日の28日、2回戦3試合があり、第3試合は福岡市・西部ガス(九州第2代表)が東京都・鷺宮製作所(東京第4代表)に2―1で競り勝った。

 福岡市は1点を追う六回に井手のソロ本塁打で同点とし、七回に田場の適時二塁打で勝ち越した。先発・村田が1失点完投した。

 投手戦の末に福岡市が競り勝った。1点を追う六回に井手のソロで同点。七回に田場が決勝の左中間適時二塁打を放った。先発の村田が多彩な変化球を武器に、打たせて取る投球で1失点完投。東京都は先発・野口、2番手の平川ともに好投したが、打線が二回以降は1安打に封じられ、攻め手を見いだせないまま力尽きた。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです