メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

【高知市(四国銀行)-門真市(パナソニック)】最後の打者を打ち取ってベスト8進出をチームメートと喜び合う、好救援した高知市の山本(右)=東京ドームで2020年11月29日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会は第8日の29日、2回戦3試合があり、第3試合は高知市・四国銀行(四国代表)が2―1で門真市・パナソニック(近畿第2代表)を破り、19回目の出場で初の1大会2勝を挙げ、準々決勝進出を決めた。

 高知市が数少ない好機を生かして競り勝った。四回1死一塁で南が先制の適時二塁打。さらに、2死三塁から水野が左中間へ適時二塁打を放ち、1点を加えた。2試合連続先発の右腕・菊池が4回無失点と好投。その後は継投策で逃げ切った。門真市は三回無死一、二塁の先制機で、ミスが続いて無得点に終わるなど拙攻が響いた。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです