メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレハブ小屋から8年でベスト8 西部ガス、壁超えて成長「まだまだこれから」

【狭山市(ホンダ)-福岡市(西部ガス)】狭山市に敗れ、整列して一礼する福岡市の香田誉士史監督(中央)=東京ドームで2020年11月30日、手塚耕一郎撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第9日の30日、西部ガス(福岡市)は準々決勝でホンダ(埼玉県狭山市)に敗れて4強進出はならなかった。しかし2012年の創部以来、社会人野球2大大会の都市対抗と日本選手権で勝ったことがなかったチームが2勝して8強入り。コーチ、監督として8年率いてきた香田誉士史監督(49)は「8強は名誉なことだが『まだまだ』と思い知らされた部分もある」と更なる高みを見据えた。

 試合後、記者会見場に現れた香田監督は開口一番「選手はよく頑張ってくれた」とねぎらいの言葉を口にしたが、笑顔はなく、硬い表情に悔しさがにじんだ。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです