メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本新薬・大畑 主軸も務めたムードメーカーが4強進出後押し 都市対抗

【大津町(ホンダ熊本)-京都市(日本新薬)】二回表の守備を終えた選手たちを出迎える大畑建人選手(左)=東京ドームで2020年12月1日、平川義之撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第10日の1日、第1試合に臨んだ日本新薬(京都市)には、チームのスローガンを冠した「Are you ready?リーダー」と呼ばれる選手がいる。大畑建人(けんと)内野手(29)。これまで都市対抗などで長く4番を任されたチームの「主砲」は今、控え選手として仲間を鼓舞する。「やはり試合には出たいが、自分にできることをしなければいけない」。1日の準々決勝でのホンダ熊本(大津町)戦でも、ベンチから人一倍大きな声を上げた。

 兵庫県出身で入社7年目。鹿児島・神村学園高では3年生でセンバツに出場し、本塁打を放った経験もある。大阪体育大に進学後、日本新薬に入社。長打力を買われて入部直後からチームの4番を任され、都市対抗や社会人野球日本選手権でも活躍した。2016年に腰を痛めて手術した後も「復活」して主軸を務めたが、最近は若手の成長もあり、先発から外れることも珍しくなくなっていた。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文1083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです