メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

【狭山市(ホンダ)-東京都(セガサミー)】七回のピンチを無失点で切り抜け笑顔でベンチに戻る大内信之介選手=東京ドームで2020年12月2日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第11日の2日、準決勝第1試合にセガサミー(東京都)が臨んだ。惜しくもホンダ(埼玉県狭山市)に敗れたものの、今大会の予選に初参戦したJPアセット証券(東京都)から“助っ人ルーキー”としてセガサミーに合流した大内信之介選手(23)が、今大会で躍動した。大内選手は「今回の経験を持ち帰り、来年は自チームで本大会出場を果たす」と誓った。

 群馬・上武大の野球部時代は副主将として主力の一角を担ったが、目立った結果を残せなかった。大学卒業と同時に野球を諦めることも考えたが、創部直後のJPアセットから声がかかった。まだ、野球を続けたい――。断る理由はどこにもなかった。

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです