メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うわさのJ・A・B・Aガール! コロナで応援自粛の大会盛り上げ「選手に光を」

都市対抗野球大会で試合を見守るJABA公式サポーターの豊島わかなさん(手前)=JABA提供

 東京オリンピック・パラリンピックの影響もあり、晩秋の開催となった今年の都市対抗野球大会。新型コロナウイルス感染拡大で社会人野球唯一の全国大会となったが、名物の応援合戦が行われず、入場制限や応援自粛で華やかさが消えた異例の大会となった。そんな状況の中でも、大会や社会人野球を盛り上げようと奮闘するのが日本野球連盟(JABA)の公式サポーター「JABAガール」だ。

 2017年に発足。当時、ネット交流サービス(SNS)上に…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文783文字)

尾形有菜

毎日新聞東京本社運動部。1992年、宮城県生まれ。2014年入社。宮崎、大分両支局を経て、20年から現職。運動経験はないが、高校時代は放送部(朗読)に所属して県大会で優勝。総文祭という文化部の「インターハイ」出場経験も。父と弟2人、妹が元ラガーマンのラグビー一家で育った無類のラグビー好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです