メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホンダの井上彰吾選手、憧れの先輩・長野選手の「10番」受け継ぎ躍動 都市対抗

【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】五回裏狭山市1死一、二塁、勝ち越しの3点本塁打を放ち笑顔の井上=東京ドームで2020年12月3日、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第12日の3日、決勝でホンダ(埼玉県狭山市)がNTT東日本(東京都)を破り、大会優勝旗「黒獅子旗」を手にした。大黒柱的存在として躍進を支えてきたホンダ・井上彰吾選手(29)は、熱い思いで大舞台に臨んだ。

 2009年以来、11年ぶりの優勝を果たしたホンダ。快進撃の立役者となったのは、11年前の全国制覇の際に主力だった長野(ちょうの)久義選手(現・プロ野球の広島)と高校・大学が同じ井上彰吾選手だ。6学年上の強打者の背を追い、大学卒業後も長野選手と同じホンダに入社。先輩がつかんだ栄光を目指し、チームを引っ張ってきた。

 福岡県出身で、地元の筑陽学園高から日大に進学。大学1年だった09年、ホンダにいた長野選手が都市対抗で活躍する姿を目にした。強力打線の3番打者として計11安打を放ち、首位打者賞を獲得。「かっこいいな」と憧れた。明治神宮球場で長野選手に直接会い、バットももらった。13年に入社すると、長野選手がホンダ時代につけた背番号10を受け継ぎ「同じユニホームを着られる」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです