メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】第91回都市対抗野球大会優勝を決め喜ぶ狭山市の福島(左)=東京ドームで2020年12月3日、吉田航太撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は3日、東京ドームで決勝が行われ、狭山市・ホンダ(南関東第1代表)が東京都・NTT東日本(東京第2代表)を4―1で破り、11年ぶり3回目の優勝を果たした。

 投打のかみ合ったホンダが快勝した。一回、四球で出塁した先頭の吉田が二盗を決めて2死二塁とし、佐藤の適時打で先制。その後、同点とされたが、五回に四球と安打で好機を作り、井上の3ランで勝ち越した。

 今大会3度目の先発となった朝山は打者の内角を突く速球とスプリットを効果的に使い、8回を被安打3、7奪三振で1失点に抑える好投。九回は福島が締めた。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです