メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

【東京都(NTT東日本)-狭山市(ホンダ)】第91回都市対抗野球大会優勝を決め喜ぶ狭山市の福島(左)=東京ドームで2020年12月3日、吉田航太撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は3日、東京ドームで決勝が行われ、狭山市・ホンダ(南関東第1代表)が東京都・NTT東日本(東京第2代表)を4―1で破り、11年ぶり3回目の優勝を果たした。

 投打のかみ合ったホンダが快勝した。一回、四球で出塁した先頭の吉田が二盗を決めて2死二塁とし、佐藤の適時打で先制。その後、同点とされたが、五回に四球と安打で好機を作り、井上の3ランで勝ち越した。

 今大会3度目の先発となった朝山は打者の内角を突く速球とスプリットを効果的に使い、8回を被安打3、7奪三振で1失点に抑える好投。九回は福島が締めた。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです