メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県社会人野球ベストナイン ENEOS最多5人 /神奈川

ベストナインとクラブ優秀選手賞を受賞した選手=神奈川県川崎市中原区で

 JABA県野球協会は15日、2020年度の社会人野球ベストナインとクラブ優秀選手賞を発表した。都市対抗野球大会に5年ぶりに出場し、史上初の通算100勝を達成したENEOSからは最多の5人が受賞。川崎市中原区で開かれた表彰式では選手から、新型コロナウイルス禍の中で1年間、野球ができたことへの感謝の言葉が相次いだ。

 大田垣耕造会長は「選手はものすごく制約された生活を送ったのではないか。無事に1年を終えることができたのは、みなさんのご支援、ご協力があったからだ」と新型コロナ対策に追われた今年度を総括した。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです