メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球 夏に日本選手権、都市対抗は秋に 来年、東京五輪延期で

 日本野球連盟(JABA)は18日、2021年度の社会人野球公式大会の日程を発表した。東京オリンピック・パラリンピックが21年夏に延期されたことに伴い、今年度と同様に都市対抗を秋、日本選手権を夏に開催するスケジュールが組まれた。

 第92回都市対抗野球大会は来年11月28日から12日間の日程で、東京ドームで行う。第46回日本選手権は、京セラドーム大阪とほっともっとフィールド神戸で、6月29日~7月14日(予備日含む)に開催する。また、埼玉・メットライフドームを会場としてきた全日本クラブ選手権は、社会人野球のさらなる振興などを目的に21年度から地方開催に変更する。第45回大会は5月29~31日、岐阜県の長良川球場、大垣北公園野球場で行う。20年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止された日本選手権、全日本クラブ選手権は、ともに2年ぶりの開催となる。【岸本悠】

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです