メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第91回都市対抗野球

都市対抗4強 日本新薬・松村聡監督 サラリーマン経験、武器に

【京都市(日本新薬)-にかほ市(TDK)】にかほ市に勝利し、笑顔で観客席に手を振る京都市の松村聡監督=東京ドームで、手塚耕一郎撮影

 3日に閉幕した社会人野球の第91回都市対抗大会で7年連続37回目出場の日本新薬(京都市)が26年ぶりに4強入りし、過去最高成績に並んだ。昨年まで3年連続初戦敗退だったチームを復活させたのは、就任1年目の松村聡監督(46)。12年間の「サラリーマン生活」で得た知識と経験をチーム作りに生かした。

 ▼取り組む姿勢を評価▼懸命さ仕事でも通用▼リーダー決め任せる

 今年1月の就任当初から、松村監督は選手たちに「練習をする者にはチャンスを与える」と繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです