メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒獅子の目

  • 第89回都市対抗野球 考える野球、着実

     「宿題は残ったが、全国大会で勝つ実績ができた」。準優勝の白獅子旗を受け取った選手を見る神戸市・高砂市・三菱重工神戸・高砂の富光男監督の顔には笑みが浮かんでいた…

    (2018年7月25日 03:05)

  • 第89回都市対抗野球 トレンド生む大会の覇者

     ある一定の角度でフライを狙い打つ「フライボール革命」は米大リーグでは今や主流。ゴロよりフライの方が安打の確率が高くなるとの理論だが、社会人野球にも、じわじわと…

    (2018年7月17日 03:31)

  • 第89回都市対抗野球 補強選手、勝利のカギ

     都市対抗野球の醍醐味(だいごみ)の一つが補強選手制度。今年は計82人が選ばれた。 昨年優勝のNTT東日本(東京都)を除く31チーム中25チームが投手を補強した…

    (2018年7月14日 03:35)

  • 第88回都市対抗野球 躍進支えるコーチ陣

     決勝に進んだ東京都の飯塚監督と、さいたま市の藪監督が、同じことを口にした。「うちのコーチたちは、すごい」 飯塚監督は就任当時、監督は選手と直接話をしないものだ…

    (2017年7月26日 15:39)

  • 第88回都市対抗野球 ぬるま湯から意識改革

     「準優勝でよくやったとは、これっぽっちも思わない」。さいたま市・日本通運の藪監督は、前夜から口調を変えなかった。20年ぶりの決勝進出にも「あした勝たないと意味…

    (2017年7月26日 03:35)

  • 第88回都市対抗野球 「補強の立場」で最高の結果

     東京都・NTT東日本の勝利を呼び込んだ要因の一つが、164センチと小柄で、鷺宮製作所から補強された中継ぎの野口だった。 出番は六回1死二、三塁の場面。川崎市・…

    (2017年7月25日 03:21)

  • 第88回都市対抗野球 同業対決、監督も意識

     さいたま市・日本通運と大垣市・西濃運輸の運送会社対決は、日本通運が逃げ切った。両チームはともに都市対抗の常連で一緒に出場した年も23回目を数える。にもかかわら…

    (2017年7月24日 03:28)

  • 橋戸さんの功績と重み

     「都市対抗生みの親」と称されるのが、橋戸信さん(筆名・頑鉄、1879~1936年)だ。毎日新聞の前身の東京日日新聞の記者で、米国を参考に都市を背景にした大会を…

    (2017年7月23日 03:32)

  • 第88回都市対抗野球 「職人集団」伝統引き継ぐ

     経営危機で会社全体が揺れている川崎市・東芝だが、野球部はすきを見せない試合で、8強入りした。OBのスポーツジャーナリスト、青島健太さんも「東芝イズムは健在です…

    (2017年7月22日 03:22)

  • 第88回都市対抗野球 予選経ぬ弱み

     豊田市・トヨタ自動車の連覇はならなかった。桑原監督は言う。「選手は一丸となって戦ってくれたが(勝つのは)簡単ではなかった」。予選がなく、補強制度が使えない。チ…

    (2017年7月21日 03:07)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
  2. 北海道・佐呂間で39度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです