メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球 日本選手権

初Vの三菱重工名古屋 勝負強さ光る

 第44回社会人野球日本選手権は三菱重工名古屋(東海・愛知)の初優勝で12日に閉幕した。三菱重工名古屋は勝負強さが光った。チーム打率は2割2分4厘で、32チーム制が定着した第34回(07年)以降の優勝チームでは最低だったものの、好機を着実に生かした。投手陣も2勝した右腕・勝野を軸に粘り強く、5試合で7失点と踏ん張った。

ダイヤ旗へ

ダイヤに挑む

勝利へ!カナフレックス

集大成

柱たち・信越クラブ

毎日新聞のアカウント

11月12日の試合

話題の記事