メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

地震や、医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代、安全安心のための企画を随時掲載。わかりやすいイラストも。木曜日更新。

  • 栄養研、健康食品の注意情報集計 被害9割が「痩せ目的」

     健康食品には明確な定義がなく、制度上は食品として扱われる。一方、消費者の多くは特定の効果を期待して利用し、制度との間に大きなずれがある。2004年からウェブサ…

    (2019年04月25日 12:36)

  • 授乳期後も続く睡眠不足

     赤ちゃんが生まれたばかりの家庭では、頻繁な授乳や夜泣きへの対応で両親ともにぐっすり眠れないことが多い。そうした親の睡眠不足は第1子が幼稚園や小学校に入る年齢に…

    (2019年4月25日 12:36)

  • 薬の副作用救済知る人3割

     医薬品は正しく使っても副作用が起きることがある。その結果、入院が必要になるほど重い健康被害が生じた場合に、医療費や年金などが支給されるのが「医薬品副作用被害救…

    (2019年4月25日 12:36)

  • 病、それから 脊髄腫瘍で下半身に障害 東京電機大助教・井上淳さん

     ◇日常の不便がエネルギー 自然歩行に近くなる装具開発 実用化しないと駄目 大学で福祉機器の研究開発に取り組む井上淳さん(36)は、20歳の時、脊髄(せきずい)…

    (2019年04月18日 14:32)

  • 予防接種の時期を一目で

     日本小児科学会は、保護者向けに推奨する子どもの予防接種スケジュールを1枚にまとめた簡易版をウェブサイトで公開している。 2011年から発行していたが、これまで…

    (2019年4月18日 14:32)

  • ママに知らせたい食の知識

     元気なママになるには食事が大切--。母子の健康向上を目指す国民運動「健やか親子21(第2次)」の公式ホームページに妊産婦向けの食習慣啓発コーナーができた。 若…

    (2019年4月18日 14:32)

  • 失語症者の意思疎通 支援者養成し社会へ橋渡し

     脳卒中の後遺症などで失語症になった人は国内に30万~50万人いると推定される。その意思疎通を助け、社会参加を促す支援者の養成・派遣を厚生労働省が制度化し、20…

    (2019年04月11日 12:35)

  • 野菜、果物は心にも効く?

     野菜や果物を多く食べると体の健康に良いことは常識だが、心にも良さそうだという研究を英国のチームがまとめた。英国の約5万人の食習慣を2010~17年に継続的に調…

    (2019年4月11日 12:35)

  • 寝ている間に神経修復

     人間は1日の約3分の1を眠って過ごすが、睡眠中の細胞は何をしているのか--。 イスラエルのチームが魚類を使った実験で「起きている間に神経細胞に蓄積したDNAの…

    (2019年4月11日 12:35)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです