メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朱鷺色の空に 2008初放鳥

放鳥のメス1羽、死ぬ 「繁殖の期待、がっかり」−−新潟・佐渡

[PR]

 新潟県佐渡市で9月に放鳥されたトキ10羽のうち、足を負傷したとみられていた1歳のメス1羽が14日、同市中央部の加茂湖近くの林で死んでいるのが確認された。放鳥されたトキの死が確認されたのは初めて。環境省は死骸(しがい)を回収し、死因などを調べる。

     同省によると、14日午前10時半ごろ、加茂湖近くの林の中で、トキが死んでいるのを市民が見つけた。連絡を受けた同省佐渡自然保護官事務所の岩浅有記自然保護官が、足輪から1歳のメスと確認した。半径10メートルの範囲で羽根や骨の一部が散乱しており、動けなくなったところをタヌキなどに襲われた可能性があるという。

     このトキは放鳥約1カ月後の10月下旬から2歳のオスと行動を共にしており、つがいの形成に期待が寄せられていた。しかし、今月9日には餌場に約5時間もとどまるなどの異常行動が観察されたり、黒っぽい鳥に襲われたとの目撃情報もあったりしたため、同省が捜索していた。

     岩浅自然保護官は「大変残念。分析を進めて今後の放鳥の参考にしたい」と話した。また、トキの保護に努めてきた「佐渡とき保護会」顧問の佐藤春雄さん(89)は「あのトキは繁殖の期待が一番大きかっただけにがっかりしている。死亡した原因をしっかりと突き止め、今後の放鳥に役立ててほしい」と話している。

     放鳥されたトキ10羽のうち、死んだトキを含む8羽は佐渡市内にとどまっていた。1羽は海を渡って本州の新潟市内で確認され、残る1羽は行方不明になっている。【畠山哲郎】

    共に行動していたオス、相方捜しているよう /新潟

     1歳のメスのトキの死が確認されてから一夜明けた15日、佐渡市の関係者からは死を悼む声が相次いだ。行動を共にしていた2歳のオスも元気がない様子だったという。一方、3歳のメス1羽が飛来している新潟市では「トキがけがをしている」との情報が市民から寄せられたが、元気そうな様子が確認された。【畠山哲郎】

     トキの死骸(しがい)は9日に最後に確認された場所から東に約300メートルの林の中で見つかった。第一発見者の笹野正光さん(48)は「(個体識別のため)オレンジ色に塗られた羽根を見つけ、間違いないと思った。残念でならない」と話す。テレビの映像からあたりをつけ、捜索していたという。

     日本野鳥の会佐渡支部の土屋正起さん(58)によると、残された2歳のオスはメスの行方が分からなくなってから数日間、餌を取らずに餌場とねぐらを往復していたという。「まるで相方を捜しているようだった」と土屋さん。佐渡とき保護会顧問の佐藤春雄さん(89)も「トキは相棒が死ぬと餌の量が減るという。このオスも相棒思いだったのだろう」と想像する。

     トキの死骸は14日のうちに佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションに搬送された。15日には新潟大の専門家が死骸発見現場を視察した。環境省佐渡自然保護官事務所の岩浅有記自然保護官は「今後は死因や死んだ時の状態、どんな動物に食べられたかなどを明らかにしていく」と話している。

     一方、環境省新潟事務所(新潟市中央区)には「トキが猛禽(もうきん)類に襲われ、腹部が流血している」との情報が寄せられたが、確認したところ、土とみられる汚れだったという。同事務所は「元気な様子と聞いてホッとした」と胸をなでおろした。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

    2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

    3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

    4. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

    5. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです