連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「扶養控除」と「配偶者控除」の違い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「扶養控除」と「配偶者控除」の違い
「扶養控除」と「配偶者控除」の違い

アルバイトやパート給料を年103万円以下に抑える理由とは?

「扶養控除」と「配偶者控除」の違い

牛島満「ぜぃぜぃ、ハァハァ……」
「扶養控除」と「配偶者控除」の違い 牛島満「ぜぃぜぃ、ハァハァ……」
ケビン:
一見、息を切らしているようだけど、よくよく見たら普通に呼吸しているだけのミート牛島氏、一体何があったノ~?

牛島満:
息が荒くて悪かったですね。問題は税金ですよ、税金。

ケビン:
おぉ、だからゼイゼイ言ってたんダネ!わかりにくいヨ!で、税金がどうしたんデスカ~?

牛島満:
ウチは個人経営の肉屋だし、子だくさんの大家族だから、税金の計算がメンドくさいんですよ!
ケビン: 一見、息を切らしているようだけど、よくよく見たら普通に呼吸しているだけのミート牛島氏、一体何があったノ~? 牛島満: 息が荒くて悪かったですね。問題は税金ですよ、税金。 ケビン: おぉ、だからゼイゼイ言ってたんダネ!わかりにくいヨ!で、税金がどうしたんデスカ~? 牛島満: ウチは個人経営の肉屋だし、子だくさんの大家族だから、税金の計算がメンドくさいんですよ!
ケビン:
家族が多いんだから、いろいろ控除されていいじゃないデスカ!

牛島満:
そのナントカ控除がわけ分からんのですよっ!

ケビン:
仕方ないね。それじゃ基本的なコト、教えてあげるヨ!

牛島満:
かたじけないです!

ケビン:
今回は「扶養控除」と「配偶者控除」の違いについて解説することにシマース!
ケビン: 家族が多いんだから、いろいろ控除されていいじゃないデスカ! 牛島満: そのナントカ控除がわけ分からんのですよっ! ケビン: 仕方ないね。それじゃ基本的なコト、教えてあげるヨ! 牛島満: かたじけないです! ケビン: 今回は「扶養控除」と「配偶者控除」の違いについて解説することにシマース!
あなたのココロのタックス・ヘイブンでありたい……。ごきげんいかがですか?ケビンです。
さてさて、今回は税金にまつわるお話。「扶養控除」と「配偶者控除」についてお話しします。
本題に入る前に、前提となる話を二つ。
まず、「控除」という言葉、聞き慣れない方も多いかもしれませんが、単純に「引く」という意味です。そう、引き算の「引く」です。
そして二つ目は「所得税」について。皆さんの給与などの収入に応じて取られる税金のことですよね。その所得税は、単に収入の額だけでなく、家族構成や支払った生命保険料、医療費などの複数の要件によって決定します。つまり、全収入から各控除額が差し引かれた所得(課税対象所得)に対して所得税が課されるわけです。
そのいろいろある控除のうち、今回の二つは家族構成で決まる控除になります。
あなたのココロのタックス・ヘイブンでありたい……。ごきげんいかがですか?ケビンです。 さてさて、今回は税金にまつわるお話。「扶養控除」と「配偶者控除」についてお話しします。 本題に入る前に、前提となる話を二つ。 まず、「控除」という言葉、聞き慣れない方も多いかもしれませんが、単純に「引く」という意味です。そう、引き算の「引く」です。 そして二つ目は「所得税」について。皆さんの給与などの収入に応じて取られる税金のことですよね。その所得税は、単に収入の額だけでなく、家族構成や支払った生命保険料、医療費などの複数の要件によって決定します。つまり、全収入から各控除額が差し引かれた所得(課税対象所得)に対して所得税が課されるわけです。 そのいろいろある控除のうち、今回の二つは家族構成で決まる控除になります。
「扶養控除」とは、所得税を納める人に扶養家族がいる場合、その人数と年齢に応じて所得を差し引く仕組みです。扶養家族とは、以下の要件すべてに当てはまる人のことです。

(1)16歳以上

(2)配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族)

(3)納税者と生計を一にしている

(4)年間の合計所得が38万円以下

(5)納税者が経営する事業所から給与をもらっていない

そして「配偶者控除」は、納税者の配偶者が上記の(3)(4)(5)の条件を満たしている場合に受けられる控除のこと。ただし内縁関係や愛人などには適用されません。
ミート牛島氏の場合、奥さんがお店で働いて給料をもらっているので、配偶者控除の対象外になります。
「扶養控除」とは、所得税を納める人に扶養家族がいる場合、その人数と年齢に応じて所得を差し引く仕組みです。扶養家族とは、以下の要件すべてに当てはまる人のことです。 (1)16歳以上 (2)配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族) (3)納税者と生計を一にしている (4)年間の合計所得が38万円以下 (5)納税者が経営する事業所から給与をもらっていない そして「配偶者控除」は、納税者の配偶者が上記の(3)(4)(5)の条件を満たしている場合に受けられる控除のこと。ただし内縁関係や愛人などには適用されません。 ミート牛島氏の場合、奥さんがお店で働いて給料をもらっているので、配偶者控除の対象外になります。
よく「103万円以下に収入を抑えないと控除対象から外れる」という話がありますが、これは(4)の条件に対応しています。
前半で「いろいろな控除がある」というお話をしました。このうち、アルバイトやパートタイムも含め、給与所得がある人に適用される「給与所得控除」がかかわってきます。これは、収入に応じ一定額を必要経費と考え、差し引く制度のこと。年間の収入が162万5000円以下の人は、一律65万円の給与所得控除を受けられます。つまり、年収から65万円を引いた金額が、所得税の課税対象になります。
扶養控除や配偶者控除の条件に「課税所得が38万円以下」というのがありました。もともとの収入額から給与所得控除65万円を引いた額が38万円以下であればいいということです。つまり、

年収−65万円≦38万円
→年収≦103万円

という式が成り立つのです。ご理解いただけましたか?
よく「103万円以下に収入を抑えないと控除対象から外れる」という話がありますが、これは(4)の条件に対応しています。 前半で「いろいろな控除がある」というお話をしました。このうち、アルバイトやパートタイムも含め、給与所得がある人に適用される「給与所得控除」がかかわってきます。これは、収入に応じ一定額を必要経費と考え、差し引く制度のこと。年間の収入が162万5000円以下の人は、一律65万円の給与所得控除を受けられます。つまり、年収から65万円を引いた金額が、所得税の課税対象になります。 扶養控除や配偶者控除の条件に「課税所得が38万円以下」というのがありました。もともとの収入額から給与所得控除65万円を引いた額が38万円以下であればいいということです。つまり、 年収−65万円≦38万円 →年収≦103万円 という式が成り立つのです。ご理解いただけましたか?
牛島満:
ん?扶養控除は16歳以上ですと?
牛島満: ん?扶養控除は16歳以上ですと?
牛島満:
ウチの小さい子どもたちは、扶養控除の対象に入らないんですか?おかしいな……。

ケビン:
2011年分の所得税から、16歳未満の扶養控除は廃止されたみたいデスネ~。

牛島満:
全然知りませんでした。

ケビン:
子ども手当や一体改革との関係もありますから、今後も注目した方がいいデスネ。

牛島満:
確かに……。

ケビン:
まとめでは、控除額なども確認いただけマスヨ!
牛島満: ウチの小さい子どもたちは、扶養控除の対象に入らないんですか?おかしいな……。 ケビン: 2011年分の所得税から、16歳未満の扶養控除は廃止されたみたいデスネ~。 牛島満: 全然知りませんでした。 ケビン: 子ども手当や一体改革との関係もありますから、今後も注目した方がいいデスネ。 牛島満: 確かに……。 ケビン: まとめでは、控除額なども確認いただけマスヨ!
扶養控除:「扶養控除」は、16歳以上の親族(配偶者以外)が対象
配偶者控除:「配偶者控除」は、年収103万円以下の配偶者が対象
扶養控除:「扶養控除」は、16歳以上の親族(配偶者以外)が対象 配偶者控除:「配偶者控除」は、年収103万円以下の配偶者が対象

あわせて読みたい

注目の特集