メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田老地区 母と子

看護の道へ巣立ちの春

卒業式を終え校舎から出てきた山本永都さん(右)に「3年間よく頑張ったね」と声を掛ける母のヒデさん=岩手県宮古市で1日

これまで

 岩手県宮古市の田老地区で水門を閉めようとして津波にのまれた消防団員、山本幸雄さんは今も行方不明のまま。残された家族は市街のアパートで新生活を送る。妻で看護師のヒデさんは、現実を受け止めて前を向く一歩にしたいと、昨年9月に葬儀を開いた。生存を信じ、父を話題にすることさえ嫌がっていた長男の一慶君も受け入れてくれた。長女の永都さんは、大学進学を目指して受験勉強に励んできた。

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです