メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「すぐ捜せていれば」 あす浪江の遺族会設立、東電に謝罪要求

熊川さんは毎日、妻洋子さんの遺影に「おはよう」「おやすみ」と声をかける=福島県二本松市で、三上撮影

 東京電力福島第1原発事故により、津波で行方不明になった家族を約1カ月間捜索できなかった福島県浪江町の遺族たちが震災1年の11日、避難先の二本松市で遺族会の設立総会を開く。遺族の間には今も「原発事故さえなければ家族は助かったのではないか」「遺体を長く放置され、許せない」との思いが強く、東電への慰謝料や謝罪を求めていく方針だ。【三上剛輝、高瀬浩平】

 「奥さんです」。昨年8月、二本松市の高林寺で、熊川勝さん(74)=浪江町請戸(うけど)=は住職に骨…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです