メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「デマ」と「ガセ」の違い

ウソはウソでも意味が違う! 使い分けに注意

[PR]

Lesson89 「デマ」と「ガセ」の違い 火達磨「口から出任せを……」
火達磨: チクショウ……。口から出任せを言いやがって! ケビン: 火達磨サン、お怒りの様子ネ……。 火達磨: まったく、電次さんが来週から植木屋を始めるだなんて……。スマ町タイムズの号外を打っちまうところだった。 ケビン: へぇ。誰がそんな情報を? 火達磨: たとえデマであっても、情報源を教えるわけにはいきません! ケビン: さすが、ジャーナリスト志望ダネ。でも、デマの使い方が少し間違ってるネ。
火達磨: え? ケビン: 「デマ」は口から出任せの「デマ」じゃないカラネ~。火達磨サンがつかまされた情報は、どっちかというと「ガセ」に近いと思いマース。 火達磨: ど、どういうこと? ケビン: じゃあ、今回はこの「デマ」と「ガセ」の意味とその違いについてご説明していくことにしましょうか。火達磨サン、よーく勉強してクダサーイ。
「うそも方便」と「真実一路」いう言葉が大好きです。人生矛盾だらけ。こんにちはケビンです。 さて今回取り上げる「デマ」と「ガセ」という言葉、どちらも「偽物」「誤り」などの意味があります。それぞれを詳しくみていきましょう。 まずは「デマ」から。「デマ」はドイツ語の「デマゴギー(Demagogie)」に由来しており、「意図的、扇動的なうその情報」という意味があります。つまり、デマの発信者には、そのデマをわざと流すことによって、人々の気持ちをあおったり、何らかの行動を起こさせるという悪意に近い意図があるわけです。 ケビン: 例えば、あるメーカーの株価を下げるために、うその不良品情報を流すことデスネ~。
一方の「ガセ」。語源は「お騒がせ」の「ガセ」という説もあり、その意味は「偽物、まやかしものの俗称」。単に誤った情報やうわさ話のことですね。 「デマ」には、情報発信者の意図が含まれているというニュアンスがありますが、「ガセ」にはそれがないと解釈できます。 火達磨: 電次さんが植木屋を始めるなんて、誰が言ったんだよ!? 火達磨さんがつかまされたこの情報は、その発信者に人々をあおる意図があるようには思えませんよね?ですから、これは「デマ」ではなく「ガセ」がふさわしいでしょう。いわゆる「ガセネタ」というやつですね。
火達磨: ガセネタとは……
火達磨: ガセネタをつかまされるとは……。く、くやしいです! ケビン: 電次サン本人に確認すればいいだけの話なんじゃ? 火達磨: 確かにその通りです……。反省。 ケビン: まあ、失敗は誰にでもアルヨ。これからもジャーナリスト修業をガンバッテ! 火達磨: ありがとうございます! ケビン: それじゃ、まとめに参りマショウ!それぞれの類語も載せてオクヨ!
デマ:「デマ」は人々を扇動する意図があるウソ ガセ:「ガセ」は単なる偽者、うわさ話

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  5. 新型コロナ GoToで免許合宿、賛否 観光庁アクセル「問題ない」/識者「公平性考えるべきだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです